匿名でマンション査定はできるか

匿名によるマンション査定はあくまでも簡易査定のレベル

最近は一括査定の方法も普及している通常のマンション査定にありがちなトラブルは防ぐことができる匿名によるマンション査定はあくまでも簡易査定のレベル

ただし気をつけなければならないのは、匿名によるマンション査定の依頼はあくまでも簡易査定のレベルにとどまるということです。
よく考えてみればわかるとおり、不動産会社に流れている物件のデータというのは、マンションという不動産の種別と、漠然とした地域名や築年数、床面積程度しかありませんので、ここから詳細に金額を見積もるというのは無理な話です。
したがって多くの場合には、これまでにその地域や近隣で取引されてきたマンションの売却価格のデータをもとにして、築年数や床面積などを当てはめて査定価格を導き出しています。
ここで問題になるのが、年数にともなう劣化の具合、間取りの使いやすさ、日当たりや静穏度などの環境、管理人常駐の有無、オール電化やセキュリティシステムなどの特別な設備の有無などといった要素は査定価格にはまったく含まれていないことです。
これらはよりくわしい情報を不動産会社にはじめから連絡しておくか、または不動産会社のスタッフに直接自宅に来てもらった上での査定をするかといった、匿名性に反するような依頼をしない限りは難しいと考えるべきでしょう。
いずれにしても簡易査定ではだいたいの目安はわかるものの、実際に売却をする際の売出価格そのものになるとは考えないほうがよいといえます。
簡易査定は不動産会社を選択する際の有益な材料のひとつとして活用した上で、本当の売却に向けた手続きは特定の不動産会社とのコンタクトをとってからと捉えるのが、正しい理解ということができます。